客観的な経験や実績重視とそうではないとするとき

 転職を有利にするには、客観的にみて経験や実績がよいと思わせるものがあったほうがよいです。10年間この仕事に携わってきました、といったら印象だけは良いほうに感じます。中身がつまらなくても。ところが半端にやめたときが困ったことになります。やっていることが短ければ実力不足として信用が得られにくくなります。一時的な仕事量や実力というのはなかなか評価しづらい部分になっています。そのため、いくら有望でも辞めたら終わりだから、転職する前には本当によく考えたほうがよいでしょう。

 

 企業や採用者がどう考えているかによりますが、べつに未経験でも職歴が短くても可能な職と思っていたら、逆にいえば職歴なんてどうでもよくてやっていけそうな応募者なら採用するでしょう。しかし、対外的に信頼性がなければ勤まらないと考えていたら、当該業務に長けた人とか実績や資格のある人などを採用するでしょう。たとえば大企業で幹部候補にしている人材は、たいていトップクラスのネームバリューのある大学卒であるから、半端なネームの大学卒はどうでもよいぐらいの採用の仕方になります。それでも入ったらOKみたいな感じで、エリートコースで勤めている人もたまにいます。


ホーム RSS購読 サイトマップ